ニュース一覧

医療機関に相談

病院

保険適用と適用外の治療

東京でも体の不調に悩む人は多いですが、命の別状がないものの、巻き爪もつらい症状のひとつです。巻き爪の原因は爪の切りすぎや靴やストッキングによる圧迫など色々なものがありますが、爪が内側に湾曲し、皮膚に食い込むこととなりますので痛みもあり、出血や炎症が起きてしまうこともあります。市販のグッズなどで改善を目指す人もありますが、自己流の努力で改善が難しい場合は医療機関に相談してみることがおすすめです。東京で治療を行う際は何科に行けば良いのかも気になるところですが、東京ではまずは皮膚科で治療が行われていますし、さらに外科や形成外科、さらに美容外科などでも治療が行われています。まずは診察を受け、それぞれに合う治療方法を見つけていきましょう。東京では多くの医療機関で巻き爪治療が行われていますが、その治療法も保険適用のものと適用外のものがあります。保険適用の治療を選ぶ場合は手術を選ぶこととなり、その種類も大きくわけて二つがあります。まずはフェノール法があり、特殊な薬剤を使い変形している部分の爪を生えてこないようにします。もうひとつは全抜爪という方法でその名前の通り、湾曲している爪を剥がす手術です。保険適用外の治療を選ぶとなると爪の矯正が中心となります。ワイヤーやプレートを使って爪を矯正する方法で、メスを使わずに巻き爪を矯正していくことができるので体への負担も少なくなっています。保険は使うことができませんので、治療費もよく確認しておきましょう。

Copyright© 2017 【根本から治療することが大切】巻き爪の症状な病院で治そう All Rights Reserved.